Java

【疑問】就職しないのはアリ?【プログラマカレッジ】

プログラマカレッジって、受講し始めたら必ず就職をしないといけないのかな?万が一途中で辞めたくなったらどうするんだろう?

そんな疑問・不安がよぎったあなたの疑問を解消してみます。

先に結論を2点、書いてしまいます。

  1. 就職しないのはアリだけど、就活フェーズに入っての辞退はマナー違反

就職しないのはありだけど、明らかなマナー違反に注意

プログラマカレッジへ登録、申し込みをして受講し始めたからといって、必ず就職しないといけないわけではありません

なので、学習を進めていて万が一、

「プログラマカレッジって思ってたより微妙かもしれない…」
「プログラミングは自分に合ってないかもしれない…」

というようなことを感じ始めたとしても「やっぱ辞めた」というカードを切れるんです。

辞めても違約金とか罰則とか、何もありません。どこまでも財布に優しい。

ただし、1点だけ注意

それは、

就活フェーズに入ったら、途中辞退はNG

という点です。

プログラマカレッジのような無料スクールは、スクール生を企業に紹介することで収益を上げています。

プログラマカレッジは違約金制度がないためなんやかんや理由をつけてしまえば辞退は可能と思われますが、研修だけ受けきって就活はしないというのは明らかにマナー違反なので注意しましょう。

ちなみにプログラマカレッジでは、以下期間のプログラミング研修を終えた後に就職活動が始まります。

  • 平日コースは3ヶ月間の研修
  • 夜間コースは2〜6ヶ月間の研修
  • 個別研修コースは1〜3ヶ月間の研修

なので、「このまま学習を続けるか」はプログラミング研修期間中に考える必要がありますね。

辞退する方法は簡単

特に面倒な手続きは不要で、口頭なりメールなり「辞めます」という意思を講師に伝えるだけです。

このあたりは結構あっさりしてます。

まとめ

というわけで、何十万円も払って受講を始めるような有料スクールとは違って、

「とにかく、やってみるか」

と思い立ったらすぐに始められるのがプログラマカレッジです。引き返す場合の痛みがないので。

万札をATMに突っ込んで口座に振り込むという大きな覚悟もせずに済みますね笑

早く始めて、周りの迷っている連中に差をつけてしまいましょう

無料でまずは登録してみる ≫